バラシクロビルで感染症を抑える、多発性筋炎

化学療法剤に分類される医薬品として、バラシクロビルというものがあります。ヘルペスウイルスの活動を抑える効果があり、水疱瘡や帯状疱疹、性器ヘルペスなど、ヘルペスウイルスに関わる様々な疾患治療に用いられています。
ヘルペスウイルスは人から人へと感染するウイルスです。一度感染すると、完治ができないとされています。ウイルスが神経細胞まで侵入し、潜伏してしまうことがその理由になります。神経細胞に入り込んだヘルペスウイルスを退治する治療法はまだ存在しません。
そこで用いられるのが、バラシクロビルです。バラシクロビルでは完治できませんが、ヘルペスウイルスによる様々な症状の発生を抑えることができます。再発しやすい病気にかかった場合に、活躍してくれます。
ヘルペスウイルスはわりと身近な存在で、感染しやすい状況が整っているといえます。子供の口の周囲に水ぶくれや発疹ができることがよくありますが、これもヘルペスウイルスが原因である可能性が高いものです。人が持つ免疫力によって自然に消えてしまいますが、ヘルペスウイルスの根は残っている状態です。
免疫の異常によって引き起こす可能性がある病気として、多発性筋炎があります。多発性筋炎にかかると、筋肉に炎症や変形が見られるようになり、筋力が低下したり、痛みを伴うようになります。
膠原病の仲間に分類される多発性筋炎は、女性に多いことで知られています。その割合は、男性の2倍とされています。発症しやすい年齢は、5歳から14歳頃の子供、35歳から65歳の成人となっています。特に中年が発症しやすい特徴があります。患者数は徐々に増えている傾向にあります。遺伝する病気ではありませんが、免疫力の遺伝によって、発症しやすい可能性は存在します。

小児が感染するクラミジア肺炎とバラシクロビル

クラミジアは、DNA とRNA を有する基本小体が宿主細胞に侵入し、封入体の中で2分裂して増殖する偏性細胞内寄生微生物であり、増殖後に基本小体で細胞を破壊し新しい宿主細胞を探すライフサイクルを繰り返します。
小児が、クラミジアにより感染する肺炎は3種類存在するが、トラコマティスと呼ばれる病原体が起こす肺炎とニューモニアと呼ばれる病原体が起こす肺炎が一般的なクラミジア肺炎とされており、人獣共通感染症であるオウム病による肺炎と区別されています。
クラミジアニューモニエ肺炎は、人から人へ飛沫感染する不顕性感染や風邪様相症状程度の顕性感染する肺炎であり、風邪などと誤診される事が多く抗菌薬が投与されず、小児から高齢者まで感染する集団感染を引き起こす事があります。
症状は、急速な症状悪化は無く、微熱や鼻汁、咽頭痛などの軽微な症状が発現します。
クラミジアトラコマチス菌による肺炎は、成人の発症例は非常に少なく、ほとんどがクラミジア子宮頸管炎を持つ母親からの産道感染により引き起こされ、新生児へ3%~20%の確率で感染するとされています。又、ヘルペスなどの性行為感染症の重複感染が問題視されており、その場はバラシクロビルなどの抗ウイルス薬が投与されるケースもあります。
症状としては、発熱は無く鼻炎や結膜炎などの症状が見られますが、症状が進むと多呼吸や喘鳴呼吸、呼吸困難などが発生し、人工呼吸や酸素吸入の必要性があるケースもあります。
小児の治療には、小児の骨発育障害のリスクがあるのでテトラサイクリン系薬を避けて、エリスロマイシンの点滴静注などを行います。
母親の治療は、マクロライド系薬やテトラサイクリン系薬が処方され、クラミジアの様な真菌に対してはバラシクロビルなどの抗ウイルス薬は効果が無いとされています。
バラシクロビルは、ウイルスのDNAの複製を阻害する抗ウイルス薬として、ヘルペスやHIVに処方されています。

20代に増える性病とバラシクロビルにかかる金額

日本においては性病にかかる人が増えている傾向があり、特に性行為について活発な20代の感染者が増えてきています。性病に対する偏見が強い日本では若いうちから性病についての教育がなされているということはあまりないため、不用意にリスクのある性行為に手を出してしまい、性病にかかってしまうということも多々あります。それに加えて、全体として性病に悩まされる人が増えてきていることから、自分が性病にかかっていると知らずに性行為をしてしまって感染を広げてしまうという人も20代を中心として増えてきている傾向があります。ヘルペスウイルスに感染する患者も多くなってきています。バラシクロビルという有効性の高い抗ウイルス薬があることから、ヘルペスウイルス感染によって生じる水泡に対して治療を行うことは容易ではあります。ある程度性病について理解することができて、ヘルペスウイルス感染都知ると、バラシクロビルがあるから治せると考えるでしょう。しかし、バラシクロビルをいざ手に入れようとすると金額が問題となります。保険適用で手に入れても1錠が550円であり、一日に2錠が必要になります。そのため、性器ヘルペスで10日分を処方してもらうと11000円という金額になるのです。20代になったばかりでまだ学生の人であったりすると、こういった金額を払って治療を行うのは困難にも感じられるはずです。それに加えて医療機関を受診する費用もかかることから、治療をせずに我慢しようと考える人が出てきてしまうのも頷けることでしょう。そういった問題を抱えうるのが性病治療であり、性病の若年化は性病そのものと金銭面との二重苦を生むことになっているのです。

エイズの無症状期のウイルス増殖にバラシクロビル

エイズは、一般にHIVと呼ばれるヒト免疫不全ウイルスに免疫細胞が感染し、ヒト免疫不全ウイルスが感染者の免疫システムを破壊する為に、後天的な免疫不全になってしまう性行為感染症であり、最終的には重篤な免疫不全に陥り、日和見感染症や悪性腫瘍、認知症などの合併症を引き起こします。
エイズは、HIVに感染後直ぐに発症するのではなく、感染後3週間から4週間で急激なHIVの増殖に対する免疫反応として発熱や倦怠感、頭痛などの風邪様相症状が発現しますが、一過性の症状なので1週間から2週間でおさまりその後無症状期に入ります。
エイズの診断基準は、無症状期にあるHIV感染者が厚生労働省の定める23の疾患の一つ以上を発症した時点からエイズ患者と定義しています。
エイズの潜伏期間とも言えるHIVの無症状期も、数年から15年程度と個人差が大きく、HIVへの感染をいち早く知り、エイズの発症を少しでも遅らす治療を始める必要があります。
現在では、通信販売で購入出来る検査キットで、HIVだけで無くヘルペスやクラミジアなどの感染検査が簡単に自宅で出来ますが、専門の医療機関による核酸増幅検査や抗原検査、抗原抗体同時検査などの高度な検査を受ける方が、早期発見出来ます。
治療には、逆転写酵素阻害薬やプロテアーゼ阻害薬やインテグラーゼ阻害薬が投与されていますが、バラシクロビルの服用でHIVの量を減少させる効果がある事が確認されています。
バラシクロビルは、アシクロビル系の抗ウイルス化学療法薬であり、ウイルス感染細胞のDNAの複製を阻害し、ウイルスの増殖を抑制する効果があり、一般的にはヘルペスや水痘・帯状疱疹ウイルスなどの治療に用いられています。
又、バラシクロビルは、下痢や吐き気、発疹、眠気、頭痛などの副作用がありますが、重篤な副作用も少なく比較的安全性の高い医薬品です。

日本性感染症学会推奨のバラシクロビルとクラビット

日本せい感染症学会は、1988年に性感染症の治療法の研究や予防対策、感染症ごとのガイドラインの策定などを目的として設立されています。
日本せい感染症学会の性器ヘルペス治療のガイドラインでは、DNA合成阻害作用とDNAポリメラーゼ阻害作用によりウイルスの増殖を抑制するアロシクビルとバラシクロビルの使用を推奨しています。
バラシクロビルは、グラクソスミスクライン社が開発した抗ウイルス薬であり、アロシクビルにL-バリンを結合させて経口吸収率を約3倍~4倍に改善したプロドラッグであり、体内ではアロシクビルと同様の作用を示します。
ヘルペスウイルスは、脊髄神経節や三叉神経節や仙髄神経節などに潜伏する為、現在の抗ヘルペスウイルス薬ではウイルスを完全に死滅させる事が出来ず、潜伏部位を中心に再発を繰り返しので、バラシクロビルなどを予防薬として用いるケースもあります。
日本せい感染症学会のクラミジア治療のガイドラインでは、抗菌力の高いジスロマックやクラリシッドなどのマクロライド系薬やクラビットやアベロックスなどのニューキノロン系薬、アクロマイシンやミノマイシンなどのテトラサイクリン系薬が推奨されています。
日本せい感染症学会では、クラミジア性の尿道炎や妊娠していない子宮頸管炎患者に対して、クラビットの投与を推奨しています。
クラビットは、DNAジャイレース及びトポイソメラーゼIVの働きを阻害してウイルスの増殖を抑制する作用があり、バイオアベイラビリティが高く経口薬で有りながら静脈注射と同等の薬剤効果が期待出来ますが、クラビットは抑制性神経伝達物質であるGABAとGABAのレセプターとの結合を阻害するので、非ステロイド性抗炎症薬との併用は禁忌とされています。
クラミジアやヘルペスは、自覚症状が乏しい為に感染者の約8割が感染や再発に気付かず、水平感染や垂直感染を引き起こしているので、定期的な検査が必要です。

日本の薬と海外の薬の違い

日本にもかなりたくさんの薬があると言われているが、世界を見てみると国内以上の種類があるのです。
その薬もそれぞれ効果や副作用と言ったものが違ってくので、間違わずに飲まないといけなくなってくるのです。
もし間違わずに飲んだのであれば効果は保証されるのですが、間違った場合はとても危険な事となってしまう可能性があるので注意が必要となってくるのです。
そこで、日本の薬と海外の薬ではどのような違いがあるかというと、まずは効果の違いがもっとも言われているのです。
効果というものは人それぞれ違うと言われていて一概には判断する事は難しいのですが、一般的に言われていることが海外の薬の方がかなりあるとされています。
これはなぜかというと、海外で感染するような病気は強力であるので、効き目も強くなければいけないと思われているとされているからです。
次に2つ目は副作用の違いというものになってくるのですが、副作用というものは薬を服用した後にくる症状の事であります。
この症状というものは日本と海外の薬のどちらにあることだとされているのですが、副作用の度合いという観点から違いが出ているとされているのです。
日本の薬は技術である程度に抑えられているのですが、海外の薬は効き目と同じくらいに強いと言われているのです。

個人輸入で気を付けたい点

個人輸入を行っているサイトを利用する際に気を付けたい点が幾つかあります。
まずは、個人輸入を行っているサイトが安心して利用できるか見分けることです。
運営者への問い合わせできる連絡先の記載やこれまでの実績が掲載されているかで判断することができます。
さらに商品情報も画像が掲載されていることや原産国とメーカー、配合されている成分などが記載されていることも重要です。
その理由として、インターネットには偽物が氾濫しています。
購入者は流通ルートを知ることはできないので、せめて個人輸入のサイトの運営者が安心できるかでリスクを抑えることができます。

また、インターネットの口コミサイトや比較サイトでも参考にすることができます。
サイトには多くの個人輸入サイトが紹介されています。
さらに個人輸入に関する基本情報からお得な活用術、気を付けたい点などハウツー情報も掲載されています。
また、実際に購入した方の口コミもあるので参考にすることができます。
そして、近年では個人でもブログやサイトを開設し、購入して服用している体験談が詳細に掲載しているケースが増えています。
実体験で、説明もわかりやすいので参考にしやすくなっています。

病院の薬が高いと感じたら個人輸入がオススメ

薬は、病院で処方してもらうという人が多いです。
しかし病院を受診すると、薬の代金以外に診察費を支払う必要があります。
また、健康保険が適用されない場合には、自費での支払いとなります。
これらの理由により、病院の薬を手に入れるためには、高いお金を支払うようになることがしばしばあります。

そのためインターネットでは、個人輸入業者からの薬の購入がオススメされています。
個人輸入とは、海外のメーカーから直接製品を仕入れることです。
まとめて仕入れてから業者に販売される商業輸入と異なり、業者が個人的に直接的な輸入をおこなうというものです。
個人輸入では、仕入れることのできる製品の量が限られていますが、その分関税が安く済むというメリットがあります。
関税が安く済む分、製品の販売価格も安価にすることが可能です。

そのためインターネットでは、個人輸入によって仕入れた薬が、病院の薬よりも安く販売されています。
薬そのものの価格が安い上、診察費などもかからないので、病院を受診するよりも少ない出費で薬を手に入れることができます。

また、病院を受診すると受診記録が残ります。
個人輸入業者からの購入なら、当然受診記録は残りません。
そのメリットも、個人輸入業者からの購入がオススメされている理由のひとつとなっています。

性病になったら即座に病院へ

性病になった場合、他の誰かとの性的接触によってさらに被害を拡大させてしまう危険性があるため、倫理的にも健康のためにも即座に病院にいくべきです。
しかしながら、性病になったら病院に行こうと思ったていたとしても、自覚症状として明確に性病である事を判断するには難しい場合があります。
いわゆる生殖器周辺における、かゆみや腫れ、イボや水泡といった、明らかな異常が見受けられた場合には、即座に性病診断を目的として病院に行くでしょうけれど、性病の種類によっては生殖器に異常は見受けられず、体全体の発熱や倦怠感といった症状で現れる事があります。
そのため、体の不調に伴い病院へ行った際に性病と診断されて驚く事もあるかと思います。
性病の感染ルートについては、体液への接触によるものが殆どであるため、直接的な性的接触を行わなければ性病に感染するケースはほぼ無いと言えます。
そのため、病気への感染予防として性的接触する相手の事をよく知っておく事と、不特定多数との接触を避ける事が肝要です。
自由恋愛による性的接触は個々人の自由であるものの、それによって自分を含め親族及び友人や恋人などに悲しい思いをさせてしまう可能性もあるため、注意したいものです。