男性は男性器の大きさや形にこだわりを持つ人が多く、特に太くたくましい男性器は多くの男性の憧れです。とはいえ、大きさや太さには個人差もありますし、成長期が終わったあとは大幅に増大するのは難しいといえるでしょう。増大サプリなどを利用してサイズアップを目指す人もいますが、そうした方法で即効性を得るのは難しいものがあります。亀頭増大では、見た目が良くなることや早漏が改善できるなど様々なメリットがあります。

即効性を期待するのであれば、医療機関による亀頭増大術も検討してみましょう。医療機関で提供されている亀頭増大術は、切開を伴う治療ではなく注入で行われることが多くなっています、注入剤では、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの医療用の注入剤を亀頭部分に注入し、サイズアップを目指していきます。これらの方法は即効性があるものの、持続期間は短く定期的に再治療をする必要があるといわれていました。現在では、より長期に効果が持続する注入剤も登場しており、より長く効果を維持できるようになっています。

コラーゲンやヒアルロン酸を注入する以外では、アクアミドを注入する治療を提供する医療機関もあります。いずれの場合も、治療にかかる時間は15分程度と短時間です。注入系の治療はその場で効果を実感できること、それでいて傷がほとんどできないこともメリットです。治療後はしばらく性行為を控えることになりますので、アフターケアの過ごし方もしっかり確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *