AGA治療を始めている人で必ずといっていいほど体験することがあります。これは医薬品が効いている証拠ですので、それに驚いて治療を止めてはいけません。治療を止めてしまうほどの体験は脱毛です。AGA治療をしている人は、初期脱毛として必ずといっていいほど多くの人が体験することになりますので、その時が来た時のために心の準備をしておくことが大切です。

なぜ初期脱毛が起きるのかというと、簡単に言えば生え変わりの作業になります。AGAの特徴として毛根が休止期になることから新しい毛髪が生えてこなくなります。また頭髪は3つの周期があり、休止期活動期退化期になり、特にこの周期が非常に短くなるのがAGAの特徴です。この周期をいかにして正常にするのかがAGA治療には求められています。

退化期に入っている毛髪がAGAの方には多く、その退化期を休止期に移行させ、そして活動期を迎える周期を早くするのもAGA治療の役割になり、その影響から退化期に入っている頭髪が抜けやすくなります。頭髪が抜け落ちるのを待っているのが退化期になり、またAGA治療をしている方の頭髪というのは、この退化期に入っている髪の毛が多いことから、治療をしている人によっては信じられないほどの脱毛体験をする人もいます。薬を服用しなかった方が良かったと後悔するほどの脱毛を経験している人もいますが、そこで慌ててはいけません。活動期に入るために準備になりますので、落ち着いて行動しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *