男性ホルモンが主な原因として引き起こされる男性型脱毛症のことを、AGAと言います。AGAに関しては主な原因が解明されていて、主なAGA治療は2種類の方法となります。1つ目の治療法は、内服薬と外用薬によるAGA治療です。処方される薬としてはフィナステリドとミノキシジルの2種類が、AGA治療を行う際の代表的な医薬品となります。

プロペシアは飲み薬で、AGAの原因となるDHTという男性ホルモンの生成を抑制させることが可能です。プロペシアに配合されているフィナステリドは、薄毛の原因になるDHTの生成を行う還元酵素の作用を阻害することが可能なので、AGA治療に有効性の高い薬です。ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬と、飲み薬があります。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるために、毛母細胞を活性化させることができます。

欧米ではプロペシアとミノキシジルを併用した形での、AGA治療が一般的となっています。2つ目の治療法は、成長因子を使用した施術を行う治療となります。医療クリニックには、育毛メソセラピーなどの施術が受けられるところがありますので、レーザー治療やニードル治療によってAGAの症状を改善させる方法です。薄毛の症状が発症している患部に、ミノキシジルやその他の成長因子、アミノ酸やビタミンなどの栄養素を直接的に注入します。

治療を受けるときには、一般的な皮膚科では取扱っていないことが十分に考えられるので、専門的な治療を行っている医療機関を受診する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *