薄毛やAGA治療を行うときには市販の育毛剤やシャンプー、育毛サロンや病院に通うことで改善させるなど様々な方法があります。大切なことは、自分自身の薄毛の症状を見て適している治療法を選択することと言えます。男性型脱毛症のことをAGAと呼んでいますが、AGA治療を行うために基本となるものとして、生活習慣や頭皮環境の改善を行うことがあります。頭皮に皮脂や汚れが溜まっていたり、血液から栄養素が髪の毛まで届かないような環境の場合には、育毛する上で良い状態ではないと言えますので、頭皮環境を整えることは大切になります。

次にAGA治療として挙げられるものは、ミノキシジルやフィナステリドのような発毛効果が認められている医薬品の服用を検討することです。頭皮環境を整えただけでは薄毛の改善が見られないときには、フィナステリド内服薬やミノキシジル外用薬を利用することがおすすめとなります。フィナステリドとミノキシジルに関しては、日本皮膚科学会のAGA治療としても勧められている治療法です。医学的な見地から効果が認められている医薬品を使用することで、薄毛の改善が見られることが十分に考えられます。

ミノキシジルが配合されている外用薬は育毛剤などがありますが、フィナステリド内服薬に関しては専門の医療機関を受診することで、医師の処方箋の元で購入することが可能となります。AGA治療を目的として医療機関の受診を行うときには、一般的な皮膚科ではなく、薄毛治療に関する専門的な外来を受付けている病院を受診することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *