最近多い薄毛の形として、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というものがあります。薄毛の症状に関しては原因は、それぞれの個人差によって様々なことが考えられますが、若い世代の男性が薄毛を発症しているときには、高い確率でAGAであると言えます。様々な薄毛では原因を特定することが難しいものですが、AGAの場合には海外で治療薬が開発されていますので、薄毛治療が受けられる医療機関を受診することで改善させることが可能になります。男性型脱毛症を治療するための医薬品で、フィナステリドは還元酵素を阻害する薬の種類となります。

AGAでは脱毛症になってしまう原因として、男性ホルモンが大きく関与していることがわかっており、頭頂部の髪の毛が薄くなったり、生え際が後退していくことでM字ハゲを発症してしまう特徴があります。男性型脱毛症に大きく関係しているものにDHTという男性ホルモンがあり、DHTの作用によって脱毛が起きると考えられています。AGA治療薬であるフィナステリドは、DHTを生成する作用のある還元酵素の役割を阻害できる効果があるために、薄毛の進行を抑制することが可能な医薬品となります。男性ホルモンの作用を抑制して脱毛症の進行を妨げるAGA治療薬のフィナステリドは、臨床試験の結果では9割の人の抜毛進行を抑制した効果があると示されています。

フィナステリドはもともとAGA治療薬ではなく、前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、副作用としては性欲の減退や勃起不全などの症状を発症する場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *