AGAとは、男性型脱毛症のことで、額の生え際や頭頂部が薄くなる、男性特有の薄毛症状を指します。これらの症状に対応するために、様々な育毛剤、育毛シャンプーなどがドラッグストアの棚を賑わしており、需要の高さが感じられます。しかし、市販されている育毛剤や育毛シャンプーを使っても、思うような効果を得られない人は、病院やクリニックでの本格的なAGA治療を考えるのではないでしょうか。では、病院やクリニックのAGA治療では、どのようなことが行われるのでしょう。

最も一般的な治療法としては、プロペシアの投薬によるAGA治療があげられます。脱毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、3年間使用した人の70%が抜け毛抑制効果を感じている飲み薬です。育毛効果はなく、脱毛を止めるのに高い効果を発揮します。そのため、育毛効果のあるミノキシジルと併用されることが多いようです。

治療にかかる料金は、診療費や薬代も含め、1か月に1万円から1万5千円が相場となります。また、最先端のAGA治療として注目されているのが、育毛メソセラピーです。プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を、直接頭皮に注入する方法です。有効成分が直接的に毛根に働きかけるため、早い人出は3か月ほどで変化がみられ、投薬よりも早く育毛効果を実感できることが多いようです。

1回ではなく、複数回行う必要があり、料金は1回につき5万円から10万円が相場となっています。亀頭増大のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *