包茎とは、男性器の亀頭部分が皮に覆われていて、露出することができない状態のことを指します。先端の皮の口となる部分が狭く皮をむくことができない状態のことを真性包茎と呼ばれ、皮をむくことはできるのですが、普段は亀頭が皮で覆われている状態のことを仮性包茎と呼ばれています。一般的に真性包茎のことをいうことが多く、大部分は成人するまでに自然に治りますが、成人まで続く場合には包茎手術が必要です。原因は、遺伝による先天性と亀頭包皮炎を頻発してしまうことで包皮口が狭くなる後天性に分けられます。

また、特別な場合、生活習慣病が原因となる包茎があることを知っていますか。包茎を悪化させる原因の1つとして糖化という現象があり、糖化により老化物質が作られ、体内に蓄積されてしまうと、肌や髪の毛、骨などいたるところに老化が進行してしまい、生活習慣病の引き金となります。生活習慣病の源である糖化を放っておいてしまうと糖尿病になってしまい、その症状1つである肌の乾燥や痒みは、血液循環が悪くなっていることが原因です。循環が悪くなり、体全体に及んでしまうと男性器の包皮まで及びます。

その結果、包皮は栄養不足に陥り、糖尿病性包皮炎と呼ばれる炎症状態となり、包皮は乾燥してしまいかさかさとなり、裂けることがあります。包に亀裂ができてしまうと、おしっこをする時にしみて痛いです。こうなってしまうと、日常生活はもちろんですが、セックスなど性交渉の時にも痛いので、性交渉は困難になってしまいます。包皮に炎症が起こる糖尿病性包皮炎により、包皮先端に亀裂が生じた場合に症状を改善する方法として、亀裂した部分や炎症部分を包茎手術することによって切除することです。

一般的な外科で糖尿病患者の包茎手術を拒否されることもあるので、専門クリニックで診てもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *