飽食の時代にあって、生活習慣病の一つに考えられる病気の一つに糖尿病が存在し、それは血中における血糖濃度が高い状態にある病気です。その病気の特徴は、体中に張り巡らせている血管を退化させてしまう病気で、実際には体の表面にも前兆として表れ、肌の乾燥やかゆみを引き起こしたりします。血管を退化させてしまうのは糖化を原因とし、本来は糖はパワーの源ともいうべき存在ですが、それが燃焼されずに血液中に充満する形になります。それを放置しておくと完全に糖尿病になりますので、注意が必要です。

実際に糖化が血管に対して悪さをするのですが、男性の場合であると陰茎にも症状が現れてきます。陰茎は文字通りに血管が張り巡らされている器官ですが、それが勃起不全を引き起こします。つまり勃起不全のままであれば、周囲の包皮が伸びてしまうことで包茎状態になりやすくなります。そして糖尿を原因として包茎状態になるパターンもあり、ひどい場合であると真性包茎に発展します。

その場合には、早期に包茎手術を行うことが必要不可欠です。もっとも包皮が包み込む状態が長くなることで、亀頭との間に細菌が発生し包皮炎になることもあります。それを改善する方法でも包茎手術は適切な措置であり、外科手術で推奨される方法になります。具体的には包皮の亀裂部分・炎症部分を手術で切除を行い、亀頭部分を露出した状態になるように仕向けます。

糖尿の場合には包茎手術を行い、亀頭を露出することによって排尿時の困難さやセックス時の痛みなどを解消することも可能です。なお一般の外科手術では手術自体が難易度が高めのため、糖尿病患者の包茎手術を受け付けてくれないケースも存在します。その場合には、包茎専門の手術の実績のあるクリニックに相談することが肝要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *