生活習慣病の一種である糖尿病は、糖化によって全身に悪影響を及ぼしますし、皮膚のたるみの原因にもなるため包茎を悪化させてしまう原因の一つになるとも考えられています。そのため現在包茎で糖尿病の疑いがある場合などにはできるだけ早急に包茎手術を受けることが大切なのですが、糖尿病を患っている場合には包茎手術ができないのではないかを心配する人も多いと考えられます。果たして糖尿病の疑いがある場合でも包茎手術を受けることは可能なのでしょうか。結論から申し上げますと、糖尿病の疑いがある場合でも包茎手術は可能です。

一部のクリニックでは対応できないこともありますが、包茎の専門的なクリニックであればほとんどが手術を受け付けていますし、包茎の状態に合わせて適切な方法で手術を行ってくれます。各クリニックによって特徴や手術の方針などは異なるため、事前に問い合わせを行い、無料カウンセリングを活用して自分に適したクリニック選びを行うことが大切です。優良なクリニックの場合公式サイトなどに具体的な治療料金や手術の流れなどが詳しく掲載されていますし、メールで問い合わせを行うと丁寧に回答してくれます。無料カウンセリングの際には強引な勧誘をしていないかや、丁寧に話を聞いてくれているか、クリニック全体の雰囲気は自分に合っているかなどを確かめながら受けると良いでしょう。

なお、軽度の包茎であれば数十分程度で手術は完了するので、忙しい人でも気軽に受けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *