糖尿病にかかることが原因で、包茎となってしまう可能性があることを知っていましたか。食べ過ぎ、飲みすぎ、ストレスなどが原因で太ってしまい、そのままさらに不摂生を繰り返していると糖尿病になることはあります。太ってしまうと脂肪によって陰茎が体内にめり込んで余った包皮が亀頭を覆ってしまい、包茎になってしまうことは少なくありません。また、糖尿病は血液の流れが正常に循環しないことによって、体の表面の皮膚全体に肌の乾燥やかゆみを引き起こしてしまう症状があります。

どの部分の皮膚でもかゆくなったり、もろくなりますが、亀頭や包皮も例外ではありません。太ってしまって包皮が亀頭を覆ってしまうことで、包皮や亀頭部分がかゆくなります。亀頭包皮炎と呼ばれる病気が発症し、性行為や排せつ中に痛みや出血を伴うようになることも多いです。また、皮膚がもろくなってしまうと亀頭と包皮の癒着が強くなり、包皮を剥くことさえできなくなる場合もあります。

放置しておくとさらに悪化し、自然に治ることはありません。早めに包茎手術を行うことによって、症状を改善させることができるため、医療機関に相談してください。包茎手術の方法としては亀頭包皮炎の症状が出ている部分を取り除いたり、出血している部分を取り除くことです。ただし、傷が完治しにくく再発しやすいのが糖尿病の特徴といえます。

難易度が高い包茎手術となるため、包茎専門の治療を行う医療機関を受診したほうが安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *