糖尿病は高齢の方が起こりやすい病気で生活習慣病の一つと言われています。若い年代の人でも引き起こすことがあり、原因は生まれつきの因子による遺伝や不規則な生活習慣によるもので、暴飲暴食や運動不足により発症します。食べ物に含まれる糖を分解する役目を持つ膵臓の働きが不良になると分解できなかった糖分が血液に入り、各臓器に送られることで、臓器や器官の動きが悪くなる病気ですが、体の中の臓器以外に皮膚にも影響が及びます。これは皮膚を流れる血液の糖分が過剰になることで、皮膚の血行が不良になるためで、ペニスの包皮にも影響を及ぼし包茎を悪化させることがあります。

そのため包茎手術は糖尿病の症状を防ぐ効果もあります。血行不良を起こした包皮は炎症を起こしやすく、傷などを起こして勃起時や廃尿時に痛みを感じます。包茎でない人でも包皮が炎症やしわなどが発生することで、亀頭を覆うようになり包茎になることもあり、仮性包茎の人は勃起時も亀頭がむけなくなることで真性包茎になることもあります。このような時も包茎手術は糖尿病によって犯された包皮を切除するので症状が改善でき、その後の悪影響を防止します。

包茎手術には包皮を切除するものや包皮を亀頭の下まで下げて固定する方法があり、症状やペニスの状態にあった手術を実施し、手術も表面麻酔やスプレー式の麻酔を施して行うので痛みも感じることがありません。糖尿病と診断された人は一度包茎の診断を受けることで、症状の悪化を未然に防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *