コンジローマは梅毒やエイズなどと同様、性病の1つと言われており、感染している人と性交渉することにより、男女関係なく感染します。

しかし、他の性病と異なりコンジローマは潜伏期間が長く、いつ誰との性交渉により感染してしまったかがわかりにくい病気です。そのことから、一体誰からコンジローマをもらい、潜伏期間中に誰に感染させてしまったかの把握が難しいと言われています。そしてこの性病の治療は長い年月を要します。そのことから、地元の病院や勤務先の病院に通院していたけれど、勤務先や自宅が変わってしまったことにより通院しにくくなり、途中で治療をやめてしまう方々もいらっしゃいます。そのような点において品川駅という立地は都心に近く、山手線などの主要路線が通っていることなどから通勤通学の途中に立ち寄りやすい立地となっています。

また、職場の人や学校の人、家族に自分が性病の1つであるコンジローマの治療ということが見つかって欲しくないと思っている方も多いと思います。そのような点でも品川駅は様々な施設があるため、病院に通院するとしても何の治療なのかがばれずに通院する事が可能です。みなさん、もし万が一、コンジローマに罹患してしまったら、躊躇せずに品川の産婦人科で根本から治療し治癒させましょう。ほんの数日の遅れが命取りとなってしまいます。早め早めの対策は治療期間を短くするだけでなく、完全治癒の可能性も大いに高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *