性行為をすると、性感染症のリスクがあることは多くの人が知っていますが、それでも自分は大丈夫だと油断している人も多いのではないでしょうか。

性感染症になっていても、初期ではほとんど症状がないことも多く、気づくのに遅れてしまう人も少なくありません。排尿の際に違和感がある、不正出血やおりものに変化があるなど気になる症状が出た場合は早めに医療機関に相談することがおすすめです。皮膚に変化が出ることで感染に気付くこともありますが、コンジローマは小さなイボが性器や肛門の周辺にできる病気です。コンジローマのイボは、乳頭状であったり、トサカ状であったりと形もいろいろですが、特に痛みやかゆみなどもないため、すぐに気づかないことも少なくありません。

コンジローマは手で触ったときの感触で気づくことも多い病気です。放置していると、悪化する可能性もありますし他の人に感染する可能性もありますので、気づいたらできるだけ早く治療を進めていきましょう。横浜でこうした病気の治療をする医療機関としては、性病科や婦人科、泌尿器科などがあげられます。

横浜で治療をする場合も、パートナーに感染している可能性もありますので、ひとりだけではなく二人で診察や治療を受けることも大事です。横浜では、どのような方法でコンジローマの治療が行われているのかも知っておきたいところですが、軽度であれば塗り薬で治療を続けていくことも多くなっています。イボをできるだけ早く取り除きたい場合は電気メスなどの治療も考えてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *