コンジローマを横浜で治療したいときには、設備が整っているクリニックに行くことが大切です。

ヒトパピローマウイルスが感染しイボができたばかりの頃は、性器周りや肛門などに小さな粒状の形で症状が現れるため、普通に見ただけでは判断ができない場合があります。ある程度状態が悪化してくると鶏のトサカ状やカリフラワー状になって判断しやすいですが、初期の頃はわかりにくいです。3倍から23倍程度までに患部を拡大してみることができるスコープを診療に用いているクリニックを利用すれば、初期の小さなつぶつぶのイボだったとしても正確に診断することが可能です。本当に初期の段階で発見できれば、手術せずに塗り薬で完治を目指せる場合があるので、設備が充実しているクリニックに行きましょう。

イボが潰れてしまうと中のウイルスがでてきて感染範囲を広げてしまう可能性がありますし、パートナーにもうつす恐れがあるから、塗り薬で治らないときには手術を受けましょう。コンジローマを横浜で手術するとき、ウイルスが飛び散らない方法として液体窒素で凍結させてから電気メスで切り取る、あるいはレーザーで行う場合などがあります。

レーザーは出血が少ないですが、下手なやり方をするとウイルスの飛び散りにつながる恐れがあるため、技術が高い医師のもとで手術を受ける必要があります。再発を防ぐために、手術と塗り薬の併用を行う場合も多いです。性行為でうつることが多いので、一方が感染していた場合パートナーも症状が出ていないか調べてもらうことが大切です。コンジローマは横浜の性病治療を専門とするクリニック、あるいは泌尿器科であれば二人揃って検査や治療を受けに行くことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *