尖圭コンジローマが横浜で治せる病院には、泌尿器科や皮膚科、婦人科などがあります。

この病気は性感染症(STD)の一種で、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することでかかります。この病気になると、陰部や肛門の周りにニワトリのとさかのようなイボがあらわれるのが特徴です。このイボはかゆみや痛みが感じられないことも多いですが、放っておくと増えていくことがあり、性行為によって他の人にうつす可能性が高いため、変わったイボができていることに気づいたらこのエリアの病院で診察を受けて早めに治療を始めましょう。尖圭コンジローマの診察を横浜で受ける時には、陰部にできたイボを医師に見せることになるので、気になる人は女性なら女性の医師がいる婦人科などに行くのがおすすめです。

診断は大抵の場合、医師の視診によって行われますが、その後治療をする場合は、塗り薬を使うか液体窒素やCO2レーザーなどでの外科的治療をすることになります。尖圭コンジローマに横浜でかかってしまったら、パートナーのいる人はその人にもうつっている可能性があるため、パートナーにも受診してもらって必要なら治療をすることが大切です。この病気は性行為で感染するのが特徴なので、二人の内のどちらかが治っていないと、再び感染してしまうという問題が出てきます。女性は尖圭コンジローマにかかったまま出産すると赤ちゃんにうつすこともあるとされているため、もしもかかってしまったら横浜で性感染症の診療ができる病院に行って治療に取り組みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *