性病と呼ばれる病気にもいろいろな種類がありますが、コンジローマは外陰部にイボ状の病変ができることが特徴的です。

性器や肛門の周囲に小さなイボができる病気ですが、その形状も乳頭状やトサカ状、カリフラワー状など実に様々です。低リスク型のヒトパピローマウイルスが原因で多くの場合は性行為を通じて感染します。特に痛みやかゆみなどが無いことも多く、気づくのに遅れてしまうこともありますが、触ったときにイボ状のものがあることを確認して診察を受ける人もいます。コンジローマを放置しているとパートナーなど他の人に感染を広めてしまうこともありますし、女性の場合は、出産時に赤ちゃんに感染するリスクもあります。

横浜で、コンジローマを治すのであればまずは医療機関で診察を受けましょう。横浜では泌尿器科や婦人科、さらに皮膚科や性病科などでも診察に対応しています。コンジローマと思っていても、別の病気である可能性もありますので、自己判断で薬を使ったりせず、正しい治療で改善を目指しましょう。横浜では、どのような治療が行われるのかも知っておきたいとろですが、軟膏を塗布して改善を目指す方法もありますし電気メスや液体窒素を利用してイボを取り除いていく治療もあります。パートナーにも感染している可能性がありますので、一緒に診察や治療をすることも大事です。再発も多い病気ですので治療後も、最低3ヶ月は再発がないかどうかを確認していきましょう。

性病と呼ばれる病気にもいろいろな種類がありますが、コンジローマは外陰部にイボ状の病変ができることが特徴的です。性器や肛門の周囲に小さなイボができる病気ですが、その形状も乳頭状やトサカ状、カリフラワー状など実に様々です。低リスク型のヒトパピローマウイルスが原因で多くの場合は性行為を通じて感染します。特に痛みやかゆみなどが無いことも多く、気づくのに遅れてしまうこともありますが、触ったときにイボ状のものがあることを確認して診察を受ける人もいます。コンジローマを放置しているとパートナーなど他の人に感染を広めてしまうこともありますし、女性の場合は、出産時に赤ちゃんに感染するリスクもあります。

横浜で、コンジローマを治すのであればまずは医療機関で診察を受けましょう。横浜では泌尿器科や婦人科、さらに皮膚科や性病科などでも診察に対応しています。コンジローマと思っていても、別の病気である可能性もありますので、自己判断で薬を使ったりせず、正しい治療で改善を目指しましょう。横浜では、どのような治療が行われるのかも知っておきたいとろですが、軟膏を塗布して改善を目指す方法もありますし電気メスや液体窒素を利用してイボを取り除いていく治療もあります。パートナーにも感染している可能性がありますので、一緒に診察や治療をすることも大事です。再発も多い病気ですので治療後も、最低3ヶ月は再発がないかどうかを確認していきましょう。
横浜でコンジローマのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *