コンジローマとはヒトパピローマウイルスが原因となる性感染症です。

主に性的接触で皮膚や粘膜の小さな傷から侵入して感染し、乳頭状腫瘍などの症状が出てきます。しかし、感染しても必ずしも症状が出るわけではありませんし、視診で症状を確認できるまでにはある程度の時間がかかります。コンジローマは横浜のクリニックで視診による診断ができますし、簡単に判断することができます。診断によってコンジローマであることが分かった場合、横浜のクリニックで治療を受けることになります。軟膏による治療ではウイルスに対する免疫力を高めることができます。

結果としてウイルスの増殖を抑えることができますし、イボを排除することに繋がります。症状によって治療期間は異なりますが、4ヵ月程度行われるということです。-196℃の液体窒素を使った治療方法もあります。これは凍結療法でイボを排除する方法であり、麻酔なしで行うことができます。しかし、一度で治るだけではないため、複数回横浜のクリニックに通う必要があります。また、この治療だけだと再発の可能性があるため、軟膏も併用して治療を行うことが多いです。電気メスや炭酸ガスレーザーによる手術療法もあります。これは目に見えるイボを直接切除することができますし、即効性が期待できることがメリットです。

しかし、ウイルスに直接働きかけるわけではないため、再発しやすいというデメリットもあります。コンジローマは再発しやすい病気だと知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *