メキシコでスペイン語を学ぶ高校留学

外国語で英語が一般的にはメジャーとされているもののほかの言葉も人気があり、中でも国連の公用語6言語のひとつに入るスペイン語を学習するひとも多く見かけられます。

世界で4番目に多く使用されている言語でその数4億2千万人、もっともスペイン語母語話者数が多い国であるメキシコは1億3万人なので、高校留学でも気になるところです。メキシコには多くの日系企業の進出し、アメリカの移民で数の原理においてももっとも存在感を占めているのが南米系の人たちで、彼らが使う言語はスペイン語なので、仕事に加え生活レベルでも使うことが多いので将来性もあるといえるでしょう。

高校留学でスペインと比較した場合のメリットは、コストが全体的にリーズナブルでたいていの学校が小規模運営で、先生と学生の距離感が近くアットホームだといわれています。留学生では、アメリカやカナダといった北米、スイスやドイツなどの西欧、日本人をはじめアジアの学生もいます。高校留学を受け入れている学校で世界有数の人口を擁する首都メキシコシティや国内第2の都市のグアダラハラ、ローカルなところではカリブ海に面した町でダイビングで訪れる旅行者が多いプラヤ・デル・カルメンなどです。

その中でも治安面や物価面など総合的に環境がよいのがグアダラハラといわれ、高校留学では主に滞在先がホテルかホームステイになります。多くの学校が英語が通じるので、日本にいる間に生活に必要な最低限のレベルまで学習しておくと、スペイン語留学で現地の生活もストレスが少なくすむでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *