高校留学で依然とし人気のイギリス

高校留学で日本人にとって馴染みの国といえば、イギリスですが依然として日本人に人気です。

きれいな文法や発音を学べるだけでなく、治安も良いことで安心して暮らせるのも人気の理由のひとつに挙げられます。日本ではカルチャーや映画の影響でアメリカンイングリッシュを話す人が若干多いものの、世界規模の国際会議ではイギリス英語を使用していて、アカデミックな要素も踏まえ、近年イギリスでの高校留学にもまた注目が集まっています。ロンドンに加え世界有数の大学都市であるオックスフォートやケンブリッジでの高校留学も人気で、2週間~のコースが用意されているので、日本の夏休みを利用していくのに適しています。

イギリスの現メイ首相をはじめ政財界で活躍する多くの著名人を輩出した、世界で3番目に古く英語圏では最も歴史の長いオックスフォード大学がある町は、中世の伝統的な建物が多く気品があり生活環境も特に良いといわれています。最新の本を販売しているブックショップから古書を扱った古本屋さんが点在し、将来有望視される現役の大学生が街を歩くと行った風景が目に入り、英語学習も楽しくなると評判で夏休みを使った時期は気候も過ごしやすいのがうれしいです。

また、イギリスはボーディングスクールの発祥の地といわれていますが、特有の保守的な教育システムに縛られることなく、学校によって時代に合ったいろんなプログラムを取り入れています。最近では、子どもにイギリスのボーディングスクールで学ばせたいという世界の富裕層の人たちが増えていて、今後も益々人気が高まると予測されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *