留学先を選ぶ際は治安を重視

留学とは、日本以外の国に行って勉強することです。

日本以外の国で安全を保障されている国は少ないと言っていいでしょう。安心して勉強に集中するためには、留学先の土地の治安のことも選択肢に入れて考えることをお勧めします。留学中は、学生寮に入って生活することになる人も、休日は買い物などで学校の外に出る機会があると思います。生活をする地域があまりにも治安の悪いところだと、緊張状態が続くので精神的に疲れてしまうことがあります。

一般的に海外の都市で治安の悪い地域というのは、地元の人に尋ねると教えてくれます。学校に通い始めたら、地図を購入して、なるべく早い段階で治安の悪い地域を特定することをお勧めします。昼夜を問わずその地域に近寄ることはお勧めしませんが、特に日没後は、トラブルが起きやすい時間帯なので、避けた方が賢明です。またドラッグなどの危険薬物などは、日本以外の国では規制があったとしても蔓延してしまっていることが多く、知識がなかったり、騙されたりして摂取してしまう可能性もあります。

パーティーは、社交の場として多くの学生が参加するので、楽しい交流の場ですが、飲み物の管理などには注意を払うべきです。パーティー会場や友人宅への道すがら、治安の悪い地域を通過しなければならない時も、夜間は危険度が増すので、迂回できるのなら遠回りでも避けるべきです。留学中にトラブルに巻き込まれないように、安全を確保して、楽しい留学生活を送ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *