何を学ぶために留学するのか

「留学」という言葉は特に若い人にとって魅力的に聞こえる言葉です。

自分が生まれ育った国ではなく、全く違う環境で多くのことを見聞きすることはその人の人生においてとても大きなものになることでしょう。しかし留学は得るものが多く、同時に失うものも多いものだということは知っておかなくてはなりません。例えば「英語を学ぶために海外へ行きたい」という人は多いものですが、英語を学ぶのは日本でもできます。英語を教えてくれる学校はいくらでもありますし、今ではインターネットがあれば家庭で英語を学べる時代になりました。

「生きてる英語を学びたい」ということでも、英語を母国語とする先生が英語を教えてくれるとこはいくらでもあります。もちろん「だから日本ですべて学べ」ということではありませんが、これからの人生を日本で過ごすのであれば日本で積み重ねてきた経験が求められることは少なくありません。欧米の空気に染まった人とは仕事をしづらい、日本人としてのマナーを心得ていないと困る、そう考えている人は思われているよりも多いのです。

それであるにもかかわらず留学を選んでしまうと海外のことは学べても日本のことは学べない、そして海外で働けるほどのスキルはないのに日本でも働けないという結果になってしまうことだってあり得るでしょう。留学で学べることは非常に多いとは言え、それが自分にとってプラスになるかどうかはその人次第です。留学という言葉に対して幻想を抱くのではなく、それは一つの選択肢にすぎないこと、そしてそれを選ぶのであれば自分で意味あるものにしなくてはならないことをしっかり心得ておくようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *