留学のパターンについて

今や語学留学は当たり前の時代になっています。

早ければ、小学生から夏休みの研修旅行という形で海外に行く小学校もありますよね。子供だけでは不安なので、親が着いていくパターンもあります。お金をかければ至れり尽くせりの留学もできます。高校や大学に通っている間に、高校で斡旋している交換留学や、斡旋の会社を利用して留学するというパターンが主流です。斡旋の会社に依頼すれば、行き先の学校手配はもちろんのこと、ホームステイ先の手配やエアーチケットなど全て手配してくれます。

また、現地で何か困ったことがあった時に受けられる現地サポートもあるので、海外生活が初めてで不安な方にも心強いですね。行き先としては、英語圏であればイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアがあります。予算を抑えたければ、フィリピンやシンガポールという選択肢もありますので、ご自身の予算や都合で検討しましょう。

まて、英語圏以外でも、韓国、中国、ドイツ、フランスなど様々な国で語学を学ぶことができますので、英語ではない他の国の言葉を学びたい方にはよいですね。期間は短いもので半年から一年があります。長期の場合、学生の方は休学する必要がありますので、大学の教務科にも早めに相談しましょう。また、留学はかなりお金がかかりますので、考えている方はしっかり資金をためておく必要があります。初めの準備金だけではなく、生活資金も余裕を持って準備しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *