十分な語学力が無いと留学はできないの?

留学の際には語学力が必要だということはよく言われることです。

もちろん現地の人と交流するには当然現地の言葉を理解できなくてはならないでしょうし、勉強をしていくのであれば現地で受ける講義の内容についてもしっかり理解できなくてはならないと思ってしまうものです。しかし実際のところ留学前に十分な語学力を持っていなくてはならないのかというと、これはそうでもありません。そもそも留学は現地で学ぶということが目標になるのですから、最初から学ぶ必要が無いほどの語学力を持っていることが必要になるわけではないのです。

むしろある程度理解できるなどのレベルの方が現地に行ってから学べることは多いため、より有意義な時間を過ごせる可能性すらあるでしょう。ですから事前に十分な語学力を持っていることが必要条件になるというわけでもないのです。ただ「一切勉強せずに行く」というのはやはり考えものです。特に相手が気を使って簡単な単語を使って会話をしてくれているのに、それすら理解することが出来ないなどのことになってしまうと留学への熱意が現地で失われてしまい、心が折れて逃げ帰ってくる羽目になるなどのこともあり得ます。

特に現地に行ってからは基本的に自力ですべてのことに向き合わなくてはなりませんから、最低限の生活が送れる程度の能力はあった方が良いです。ですから留学の際には最低限のコミュニケーションが取れる程度の語学力は付けておくべき、しかし誰が見ても完璧というほどの高いレベルの語学力はそこまで必要ではないということになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *