大学生での留学について

大学生になってからの留学について詳しく説明していきます。

大学に入ってからのものには、自分で行きたい海外の大学を探して準備も全て自分でするものと学校が提供している交換留学があります。前者の中でも、学校が単位交換をしている提携校に留学するのと全く自分で決めた大学に行くのとでは大きく異なっています。提携校の場合、基本的に現地の大学にきちんと通えば留年はありません。しかし、提携校でないところにする場合、単位交換ができないため休学扱いとなり、留年することになります。

金銭面に関しても大きく異なってきます。提携校の場合は日本の大学に学費を払っていれば現地の学費は免除となる場合が多いですが、提携校でない場合は日本の大学と現地の大学両方の学費を負担することになります。金銭面を考えても提携校にする方がおすすめです。交換留学に関しては提携校の学校となります。期間が自分で決められないことや、参加できるのが僅かであることなどとても制限されています。

選ばれるためにはTOEICやTOEFLでのかなりの高得点が求められます。学校によってさまざまですが、大学に入ってから少し頑張って勉強したくらいでは取れないほどの高得点を求められることがほとんどです。現地の大学で授業についていくには必要な英語力ではありますが、狭き門となっています。大学生のうちに留学を考えている方は少しでも早くから英語力の対策をすることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *