留学する際の注意点について

海外に関心を持つ日本人が増え、留学を希望する学生や社会人の数は以前より多くなっています。

母国語ではない言語を習得するのに効果的とされている海外留学ですが、現地での過ごし方を誤ると語学力が上達しないばかりか、心身に負担がかかってしまい、最悪帰国せざるを得ない状況になってしまいます。留学すれば自然と語学力が上達していくと考える日本人は多いですが、何もしないで上手くなることは決してありません。外国語に限らず、あらゆる物事は度重なる失敗を経て進歩していきます。

現地でコミュニケーションをはかる際、慣れないうちは言葉に詰まって、相手をイライラさせてしまうことがあるでしょう。日本人は相手の顔色をうかがう性質があるためか、一度そのようなことがあると上手く話せない自分を恥じてしまい、その後は会話すること自体を避けようとする傾向があります。コミュニケーションや学習が上手くいかないことで精神的に追い詰められ、具合を悪くしてしまう人が少なくありません。ひどくなると現地での生活が難しくなり、途中で帰国しなければならなくなります。

このような事態を避けるために必要なのは、余計なプライドを捨てて未熟な自分を認めることです。語学力のなさを他人に知られたくないというプライドがスキルアップの邪魔をするのです。成長するためには環境を変えるだけでは不十分です。自分の未熟さを自覚し、克服するために努力を繰り返さなければならないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *