留学は楽しさも孤独も感じやすい

ワーキングホリデーや語学留学など、一度は英語だったり自分の興味あることを学ぶために海外に行ってみたいと考える人は少なくありません。

人によっては数カ月の短期留学、または1年2年と長期滞在希望など人によって期間は様々です。海外留学は現地の言葉を覚えることができる他に、日本では得られない現地での生活体験や文化の違いに触れることができ、世界に友人を作ることもできるかけがえのない体験です。毎日が新しいことの連続で刺激的なこと、色々なチャレンジができて満足感や達成感を得られること、そして何より楽しい時間が過ごせます。

そういった理由から実際に行ってよかったという人が多いのも特徴です。しかし、その反面孤独を感じやすいという特徴もあります。現地の言葉をどれだけ話せるかによっても左右されますが、やはり母国語ではない環境で暮らすことは人によってはかなり強いストレスがかかります。相手の言っていることを聞き取れない、言いたいことがあるのにうまく気持ちを伝えられないなど、毎日の生活の中で不便を感じることも少なくありません。ホームステイをしている場合、ホストファミリーとの関係がうまくいかない場合もストレスがかかります。

そして一番孤独を感じる瞬間に、友達がなかなかできないことをあげる人は多いです。日本人はシャイと言われるように、なかなかオープンに話すことが苦手な人もいます。その結果なかなか友人ができず、孤独とストレスが大きくなって途中で留学を断念する人もいます。留学をしたいと思ったときは、楽しいことも辛いこともあることを念頭に置いておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *