留学先を選定するときの優先順位について

留学先の国を選ぶときには、優先順位を決めておくといいです。

優先順位の上から順に、より適していると思う国に行くのが、一番失敗しなくて済む方法です。治安の良さがどうなのかは、女性では優先順位が高くなる傾向が見られます。男性は新興国や発展途上国に行ってもそれほどの危険性は少ないのですが、若い女性なら先進国だけに行くのがいいでしょう。治安もしっかりしていますし、警察組織もちゃんと外国人を守ってくれます。費用がどのくらいかかるかは、非常に現実的な問題として立ちはだかります。

行きたい国があっても費用が倍も違うなら、安い国に行ってとりあえず英語だけでもマスターしておこうという気分になるものです。他にも、現地の日本人学校の評判はどうなのかも優先順位としては上位に来やすいです。評判が悪い学校であれば、その国がいくら素晴らしくても留学をする意味は無いのです。しっかりしたレッスンをしてくれるかどうかで選ぶのは賢い方法です。マンツーマンレッスンをしてくれるところなら、分かるまで質問ができるので大人数での授業よりは信頼感があります。

若い人なら、ワーキングホリデー協定を日本と結んでいる国なのかもチェックしておくといいでしょう。ワーキングホリデービザは一生に一度しか使えませんが、非常にいい経験を積めるのでできればこの制度が使える国に行くのがいいです。現地の英語の発音がどうかもチェックしましょう。日本でいう関西弁のような英語もあるので、訛りが嫌ならそういった留学先は避けるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *