同じ英語圏でも留学費用はさまざま見積もりを忘れずに

同じ英語圏の国といっても留学にかかる費用はさまざまで、語学学校授業料と滞在費用、食費に交通費等が主になります。

留学エージェントを利用する場合には主要な費用のほかに、語学学校やホームステイ先の手配料や現地空港送迎費などを加算されるものです。

食費についてはホームステイの場合は平日2食、週末3食というパターンや1日2食というパターンで滞在費に含まれており別途必要なのは昼食代のみになります。

しかし、ホテルステイの場合は、1日3食分の食費がかかることもあるので注意が必要です。また、アメリカへの留学の場合、特にシニア層は専用プランを設けている語学学校やエージェントは比較的すくないため、年齢に関係なく留学先の学校や時期を選ぶことができるのです。

国土の広いアメリカでは主に留学先の都市と渡航の時期によって費用が異なります。一般的なプランは1レッスン50分の授業が週5日間で20レッスン、1日2食付のホームステイのプランです。

カナダで人気なのはバンクーバーで温暖な気候で治安もよく若者からシニア世代まで日本人に大変好まれている都市になり1レッスン55分の授業を週5日間で15レッスン、1日3食付のホームステイプランが主流になります。

しかし、カナダではホテルステイにする人も多く、同じプランでもキッチン付ホテルステイなどを選べるようになっているのが特徴です。

自分の生活ペースに合わせて、滞在方法を選べるプランが整っているため、宿泊施設のランクや食事によって費用に幅があり、夫婦の場合は、気兼ねなく過ごせるコンドミニアムステイも人気になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *