かけがえのない留学の思い出を作るための場所選び

留学の1番の目的は英語の勉強になりますが、授業以外の楽しみもそれと同じくらい大事です。

留学先で体験したことや見てみたいものは人によって異なり、授業が終わったらのんびりと自分のペースで過ごしたいというマイペースな人もいれば、自由な時間があったらできるだけ観光スポットを訪ね歩きたいというアクティブな人もいます。

自分の好みやライフスタイルにあう場所を選び、かけがえのない留学の思い出を作るのがポイントです。アメリカの英語は日本人に一番なじんでいるもので、一般的に中西部から西海岸まで広範囲に話される英語を指しています。

イギリス英語と比較した場合には、単語と単語をつなげて発音するリエゾンが多く、発音のスピードが速いのが特徴です。ただ、移民国家であるアメリカは居住地域や人種によりさまざまなバリエーションがあります。

また、多民族で多文化社会であるカナダはそれぞれの文化や伝統を守りながらさまざまな民族が共存しているのです。そのため、カナダで話されている英語は全般的にクセがなく、理解しやすいといわれています。

とはいえ、フランス語が公用語となっている州やニューフィーという独特ななまりがある州など、地方によっては強いアクセントをもつエリアもあるのです。

そして、イギリス英語はアメリカ英語で教育を受けてきた日本人になじみは少ないものとなりますが、人によっては一語一語を明確に発音するイギリス英語のほうが学びやすいという人もいます。

階級社会の名残が強いイギリスでは属している階層によっても話す英語が違うのです。また、地方ごとのなまりが強いのも特徴になります。

このように各国、そして各地域での違いというものもあるため、自分の目的や合いそうな環境、どのような英語が自分には合いそうかなどを考え場所を選んでいくのです。

アメリカ留学についてはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *