アメリカ留学のメリットとデメリット

アメリカに留学するにはいくつかのルートがあります。

まずいちばんハードルが低いのは語学留学で、アメリカの語学学校に通うことを目的としたものです。ただ、英語の塾に通うようなもので、諸外国でもキャリアとしてあまり見てくれません。高校生がホームステイに行くのならまだしも大学生が語学を学ぶためだけに留学してもそれは遊学とみなされます。原地に行っても日本人同士でつるんで遊んでいれば英語力は身につきません。

やはりきちんとした英語力を身につけるなら日本の大学からのアメリカ人学生との交換留学や1年ほどの短期留学です。日本の大学の中で語学力と志望動機を述べることができないと選抜されません。また思い切って自費でも日本の大学卒業後にアメリカに進学する人もいます。向こうで学士や修士を取得すれば内外で経歴としてきちんと認められます。努力次第では研究者の道に進めることもあります。

トップエリートになると事情がまた異なってくるようです。東大進学率が高い名門校からそのままアメリカの一流大学に進学、就職は世界を見通すことが可能なグローバル企業就職を目指すのです。大学教員や研究者は官費や何らかの予算で渡米して研究を行うことが多いです。とくに優秀な研究者はフルブライト予算で渡米しますが、相当に優秀でないと選抜されないので研究者にとっては大きなステータスになるのです。官僚が博士号を取得するという例も多くあり、日本の政策にその成果が生かされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です