アメリカ留学と必要書類

アメリカへの留学が正式に決まった場合には、いろいろな準備をしなければなりません。

そのなかにはパスポートの申請をはじめとして、飛行機のチケット、現地で使えるクレジットカードやトラベラーズチェックの用意など、留学ではなく通常のアメリカ旅行でも必要になってくるものがあります。こうしたありふれた項目であれば気づきやすいものですが、それ以外にも注意しなければならないものとして、現地に滞在するための特別なビザの発給を受けることが挙げられます。

現地で3か月以上にわたって留学する場合や、3か月未満でも授業時間が一定の時間数以上になる場合については、アメリカ大使館に対するビザの申請が必要で、それにはいくつもの証拠となる書類も準備しておかなければなりません。たとえば現地の学校から交付される入学許可証、アメリカ国土安全保障省への支払い証明書、銀行の残高証明書などが挙げられます。

個別の留学プログラムの内容によっても異なりますし、しばしば法律などが改正されて準備する書類の種類そのものも変わってしまうことがありますので、折に触れてチェックしておくことがたいせつです。また大使館での面接なども予約しておかなければならず、かなり手間がかかることも事実といえます。

日本国内での大学進学とはまた手続きが大きく異なりますので、事前に情報を仕入れておいて、いざというときにあわてないように、時間的な余裕も確保しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です