アメリカに留学する際に知っておきたいポイント

誰もが、上位にランクされる難関校に入れるわけには行きませんが、留学生にも精進すればチャンスが有り得るのがアメリカです。

とりわけアメリカの有名州立大学に対する入学を狙う場合に該当します。高校卒業後、すぐ有名校に入るには高い英語力が要りますが、アメリカの大学に関しては2年制大学からの編入システムが整備されているので、これを使う方法があります。まず第一に、TOEFLスコアの低い2年制大学へ入り、2年で編入に至るまでの欠かすことができない科目を履修しつつ英語力を上昇させます。

そのタイミングで非常に良い成績を残せば、有名州立大学に対しての編入も困難ではありません。2年制大学においては、どういった大学へと編入する学生が多いかというデーター数値を持ち合わせています。あらかじめ目標校が定まっている場合、たくさんの編入生を送り込んでいる2年制大学へ通学することをお勧めします。また、英語がそれほど出来ないためと留学する前に懸念している方も多いですが、色々な民族あるいは人種が暮している国であるために、英語がパーフェクトでなくても誰一人として気にしません。

大学の授業している間にも、訛りが見られる英語を耳にする機会が多いでしょう。あらためていうまでもなく、ネイティブスピーカーの英語を聞き取って、話せるようになるのが目標と考えられますが、日本人が留学によって英語力を伸長する上でトレーニングしやすい環境といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です