かわいい子には旅をさせろ!アメリカ留学で国際人へ!

急速にグローバル化が進む社会では、英語はもはやなくてはならない言語となり、日本でも小学校高学年から英語教育の導入がされるようになりました。

それとともに若い年齢から英語に興味を持つ子供も増えています。そんな子供を国際人に育てるための方法のひとつとして、高校時代にアメリカ留学をさせることを考えてみてはいかがでしょうか。若いうちに日本とは違う文化に触れさせ、本場の英語環境を経験するということは将来必ず役に立つはずです。

高校でのアメリカ留学の方法はいくつかありますが、じっくりと英語を学びたいという目的があるのなら、交換留学制度を利用するという方法があります。1年間現地の高校に交換留学生として留学し、ホームステイをしながら学校に通うというシステムです。この制度の最大のメリットは、ホームステイという滞在形式によって学校だけでなく家でも英語を話さなければならない環境が確保できるということです。

毎日毎日英語が耳から入ってくることによって、ネイティブの言い回しや発音を覚えることが可能となります。最初はわからなかった会話も段々と聞き取れるようになり、また自分も話せるようになることやひとりで1年間アメリカで頑張れたことで自信がつき、ますます英語に興味を持つことができるのではないでしょうか。そしてその英語に対する自信が自分の将来への大きな道標となり、国際人としての第一歩を踏み出すことになることが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です